トヨタショック、ガラパゴス化、新興国の追い上げ……「品質の日本」が揺らいでいる。本書は品質問題の本質を解明。グローバル競争を勝ち抜くために欠かせない、日本ならではの「プレミアム品質」について解説する。

「日本品質」で世界を制す!

遠藤功
定価:本体1,600円+税
発売日:2010年09月28日
ISBN:978-4-532-31642-6
上製/四六判/232ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

トヨタショック、ガラパゴス化、新興国の追い上げ……「品質の日本」が揺らいでいる。本書は品質問題の本質を解明。グローバル競争を勝ち抜くために欠かせない、日本ならではの「プレミアム品質」について解説する。

著者は品質と経営についてのベストセラーを多数執筆。製造現場出身者ならではの具体的でわかりやすい語り口にはファンも多い。

目次

  1. はじめに
    第1部 「日本品質」を守る
     第1章 品質は本当に危機なのか
     第2章 「日本品質」を守るための本質的課題
     第3章 「日本品質」を守るための二つの視点
    第2部 「日本品質」で攻める
     第4章 「情緒的品質」こそ日本の生命線
     第5章 「情緒的品質」を高めるための三つのS
     第6章 高品質サービスで攻める
    第3部 「日本品質」を創る
     第7章 品質とは「企業戦略」
     第8章 「日本品質」創造のための四つの提言
    おわりに
    参考文献

著者・監修者プロフィール

遠藤 功(えんどう いさお)

早稲田大学ビジネススクール教授。株式会社ローランド・ベルガー会長。早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。また、欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングにも従事。戦略策定のみならず実行支援を伴った『結果の出る』コンサルティングとして高い評価を得ている。株式会社良品計画社外取締役。ヤマハ発動機株式会社社外監査役。

<主な著書>『現場力を鍛える』『見える化』『ねばちっこい経営』『プレミアム戦略』『現場力復権』(いずれも東洋経済新報社)、『「日本品質」で世界を制す!』『伸び続ける会社の「ノリ」の法則』『「IT断食」のすすめ』『現場女子――輝く働き方を手に入れた7つの物語』(いずれも日本経済新聞出版社)、『日本企業にいま大切なこと』(PHP研究所)、『未来のスケッチ』『新幹線お掃除の天使たち』(いずれもあさ出版)、『課長力』(朝日新聞出版)、『経営戦略の教科書』『現場力の教科書』(いずれも光文社)、『言える化』(潮出社)などがある。『現場力を鍛える』はビジネス書評誌「TOPPOINT」の「2004年読者が選ぶベストブック」の第1位に選ばれた。『見える化』は2006年(第6回)日経BP・BizTech図書賞を受賞。
遠藤功ホームページ:http://www.isaoendo.com/
現場千本ノック―現場力を追い求めて―:http://gemba-sembonknock.com/

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading