いま動き出せばまだ間に合う。少子高齢化と巨額財政赤字を乗り越え、日本経済を再生させる経済政策と金融・資本市場活性化策を提言。

日本経済再生 25年の計
金融・資本市場の新見取り図

池尾和人 編著/幸田博人 編著
定価:本体1,800円+税
発売日:2017年06月19日
ISBN:978-4-532-35732-0
並製/四六判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

いま動き出せばまだ間に合う。少子高齢化と巨額財政赤字を乗り越え、日本経済を再生させる経済政策と金融・資本市場活性化策を提言。

◆編者の池尾和人氏が近年主張しているのが「国家25年の計」。少子高齢化と巨額の財政赤字という2大問題が本格化する2020年代、2030年代を乗り越えるためには、いまから動き出さなければならない。経済政策の正常化と金融・資本市場の活性化を進め、「谷間」を浅く、経済を持続可能なものにするためにはどうするか。日本を代表するマクロ経済学者たちと、金融・資本市場の識者たちが提言する。

◆テーマと執筆者は、以下の通り
*金融政策(求められる運営枠組みの本格的転換)--池尾和人(慶應義塾大学経済学部教授)
*財政政策(異次元緩和下の財政と進めるべき改革)--土居丈朗(慶應義塾大学経済学部教授)
*債務問題と長期経済停滞--小林慶一郎(慶應義塾大学経済学部教授)
*企業経営の意識改革(自社を映す鏡としての投資家視点と経営支援システム)--杉浦秀徳(みずほ証券市場情報戦略部上級研究員)
*企業開示制度改革(企業と投資家の対話を支えるために)--熊谷五郎(みずほ証券市場情報戦略部上級研究員)
*エンゲージメント(啓発された株主価値と全体のパイの拡大)--田村俊夫(一橋大学大学院商学研究科教授)
*イノベーション(ベンチャーエコシステムの確立に必要な要素--幸田博人(みずほ証券取締役副社長)

目次

  1. 第1章 金融政策――求められる運営枠組みの本格的転換(池尾和人)

    第2章 財政政策――異次元緩和下の財政と進めるべき改革(土居丈朗)

    第3章 債務問題と長期経済停滞(小林慶一郎)
        
        日本経済再生-25年の計――座談会(前半)「社会契約の結び直し」ほか

    第4章 企業経営の意識改革――自社を映す鏡としての投資家視点と経営支援システム(杉浦秀徳)

    第5章 企業開示制度改革――企業と投資家の対話を支えるために(熊谷五郎)

    第6章 エンゲージメント――啓発された株主価値と全体のパイの拡大(田村俊夫)

    第7章 イノベーション――ベンチャーエコシステムの確立に必要な要素(幸田博人)

        日本経済再生―25年の計――座談会(後半)生産性向上/働き方ほか

著者・監修者プロフィール

池尾 和人(いけお かずひと)

慶應義塾大学経済学部教授
1953年生まれ。京都大学経済学部卒業、一橋大学大学院博士課程単位取得。岡山大学・京都大学助教授を経て、1995年より現職。著書に、『銀行はなぜ変われないのか』(中央公論新社)『なぜ世界は不況に陥ったのか』(共著、日経BP社)『現代の金融入門』(ちくま新書)など

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

幸田 博人(こうだ ひろと)

みずほ証券取締役副社長
1982年一橋大学経済学部卒業、2002年、みずほフィナンシャルグループ グループ戦略第二部参事役、03年みずほ証券経営企画グループ経済調査部長などを経て、2016年より現職

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading