今世紀最大のテクニカル・アナリストと言われるW.D.ギャンの相場理論を平易かつ精確に解説した初の書。タイム・サイクル、ギャン・アングルなど驚異の予測手法を株・為替などの具体例で検証。

ギャンの相場理論

林康史 編著
定価:本体2,427円+税
発売日:1996年09月05日
ISBN:978-4-532-13127-2
上製/A5判/218ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

今世紀最大のテクニカル・アナリストと言われるW.D.ギャンの相場理論を平易かつ精確に解説した初の書。タイム・サイクル、ギャン・アングルなど驚異の予測手法を株・為替などの具体例で検証。

目次

  1. はじめに

    第1部 ギャン理論の構成
     第1章 ギャンにおける相場認知
     第2章 ギャンの相場予測法

    第2部 ギャンの予測理論
     第1章 ギャンの価格水準論一高値、安値、リトレースメント
     第2章 タイム・サイクル
     第3章 アニバーサリー・デイトとタイム・ピリオド
     第4章 価格と時間のスクエアリング(均衡)
     第5章 ギャン・アングル
     第6章 ギャン・スクエア
     第7章 その他のギャンの予測手法

    第3部 ギャンの運用ルール

    W.Dギャン略年譜
    主要参考文献
    索引

著者・監修者プロフィール

林 康史(はやし やすし)

立正大学経済学部教授。東京穀物商品取引所社外取締役。 <主な著訳書>『ギャンの相場理論』(編著)、『ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法』(共訳)、『はじめてのテクニカル分析』(編著)、『エリオット波動』(監修)、『基礎から学ぶデイトレード』(共訳)、『基礎から学ぶ外国為替相場』(共訳)、『天才数学者、株にハマる』(共訳)、『大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代』(共訳)、『相場のこころ』(訳)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading