日本の財政赤字が膨らみ続けるのは民主主義の「必然」か。民主政治が財政を歪にするメカニズムを、英知を集め解明する衝撃の書。

財政と民主主義
ポピュリズムは債務危機への道か

加藤創太 編著/小林慶一郎 編著
定価:本体2,000円+税
発売日:2017年03月28日
ISBN:978-4-532-35693-4
上製/四六判/312ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本の財政赤字が膨らみ続けるのは民主主義の「必然」か。民主政治が財政を歪にするメカニズムを、英知を集め解明する衝撃の書。

民主主義は、財政規律を守ることができるのだろうか。
民主主義は、減税・バラマキなどの財政ポピュリズムを招き、やがて債務危機へとつながるのではないか。

日本はもとより、いま多くの先進民主主義国が財政赤字問題に苦しんでいる。
有権者、政治家、制度……赤字拡大の原因は、いったいどこにあるのか。
もはや「政治」の問題に切り込まなければ、問題の核心に迫ることはできない。

加藤創太、小黒一正、小林慶一郎、田中秀明、大山礼子、神津多可思。
政策実務を熟知した研究者たちが学問領域の壁を越え、財政問題を本質的・多角的に検証。
政治システムの根本を問い直し、債務危機を防ぐための道筋を明示する。

目次

  1. 第1章 ポピュリズム政策と財政膨張――有権者は愚かなのか?

    第2章 シルバー民主主義と世代をめぐる課題

    第3章 コミットメントと財政の持続性

    第4章 成功と失敗を分ける予算制度

    第5章 財政と議会政治

    第6章 膨張する予算――借金で賄う公共サービス

    第7章 デフレからの脱却や経済成長だけで財政は再建できるか

    第8章 政策提言

著者・監修者プロフィール

加藤 創太(かとう そうた)

東京財団常務理事(政策研究担当)、国際大学教授
1991年東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。ミシガン大学政治学部博土課程(Ph.D.)、ハーバード大学ビジネススクール修士課程(MBA、優等号受賞)修了。経済産業省国際経済課課長補佐、経済産業研究所上席研究員などを経て、2006年より国際大学教授。2016年より東京財団常務理事(政策研究担当)。著書に『日本経済の罠』(小林慶一郎との共著、日本経済新聞社、2001年、第44回日経・経済図書文化賞受賞)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

小林 慶一郎(こばやし けいいちろう)

慶應義塾大学経済学部教授
1991年、東京大学大学院計数工学科修士課程修了(工学修士)後、通商産業省入省。1995年9月シカゴ大学大学院経済学部博士課程に留学。1998年8月同大学より博士号(Ph.D)取得。通産省大臣官房政策審議室課長補佐、経済産業研究所上席研究員などを経て、2013年より現職。著書:『日本経済の罠』(共著、日経・経済図書文化賞受賞、2001年)『逃避の代償』(2003年)『財政と民主主義』(2017年)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading