日経朝刊で大反響を巻き起こした読売新聞主筆の「私の履歴書」が遂に単行本化! 戦後政治のキーパーソンとしての貌を背景に、人間・渡邉恒雄の歴史を自ら真摯に綴ることで、日本のマスメディアの生の姿が見えてくる。優れた自伝である。

定価:本体1,600円+税
発売日:2007年11月05日
ISBN:978-4-532-16643-4
上製/四六判/336ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日経朝刊で大反響を巻き起こした読売新聞主筆の「私の履歴書」が遂に単行本化! 戦後政治のキーパーソンとしての貌を背景に、人間・渡邉恒雄の歴史を自ら真摯に綴ることで、日本のマスメディアの生の姿が見えてくる。優れた自伝である。

目次

  1. まえがき

    第1章 哲学青年

    第2章 政治記者

    第3章 確執

    第4章 筆政を掌る

    あとがき

    資料

    年表

著者・監修者プロフィール

渡邉 恒雄(わたなべ つねお)

読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆。大正15(1926)年東京生まれ。昭和24(1949)年東京大学文学部哲学科卒業。平成19(2007)年カンヌ国際広告祭で、「MEDIA PERSON OF THE YEAR」に選ばれ、日本新聞協会より「新聞文化賞」受賞。 <主な著訳書>『派閥』、『党首と政党』、『大統領への道』など20冊余

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading