世界の経済を左右する力を持つただひとりの男、グリーンスパン。いまだかつて明らかにされてこなかった、その苦難の闘いを当代きっての書き手が、圧倒的な取材力を発揮し、渾身の力を込めて描き出した傑作読み物。

グリーンスパン
アメリカ経済ブームとFRB議長

定価:本体2,300円+税
発売日:2001年04月23日
ISBN:978-4-532-16387-7
上製/四六判/377ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

世界の経済を左右する力を持つただひとりの男、グリーンスパン。いまだかつて明らかにされてこなかった、その苦難の闘いを当代きっての書き手が、圧倒的な取材力を発揮し、渾身の力を込めて描き出した傑作読み物。

著者・監修者プロフィール

ウッドワード,ボブ(うっどわーど ぼぶ)

米国を代表するジャーナリスト。1943年生まれ、イェール大学卒。ワシントン・ポスト紙の社会部若手時代に、同僚のカール・バーンスタイン記者とともにウォーターゲート事件をスクープし、ニクソン大統領退陣のきっかけを作ったことで知られる。このときの二人の活動から「調査報道」というスタイルが確立され、また同紙は1973年のピュリツァー賞を受賞した。ウッドワードはその後も記者活動を続け、9.11に関する報道で2002年にピュリツァー賞を再度受賞。現在は同紙副編集長の職にある。著書に『大統領の陰謀』(バーンスタインとの共著)のほか、『ブッシュの戦争』『攻撃計画』『ブッシュのホワイトハウス』『ディープ・スロート』『オバマの戦争』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

山岡 洋一(やまおか よういち)

翻訳家。1949年生まれ。
主な訳書にアラン・グリーンスパン『波乱の時代』、アダム・スミス『国富論』、ジェームス・C・アベグレン『新・日本の経営』『日本の経営<新訳版>』、ジョセフ・S・ナイ『ソフト・パワー』(以上、日本経済新聞出版社)、ジェームズ・C・コリンズ&ジェリー・I・ポラス『ビジョナリー・カンパニー』(日経BP社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

高遠 裕子(たかとお ゆうこ)

翻訳家。 <主な訳書>アラン・グリーンスパン『波乱の時代』(共訳、日本経済新聞出版社)、ラリー・ボシディ&ラム・チャラン『経営は「実行」』(日本経済新聞出版社)、ジョン・P・コッター&ダン・S・コーエン『ジョン・コッターの企業変革ノート』(日経BP社)、ディヴィッド・ストーン『地球最後のオイルショック』(新潮社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading