大切な女性がこの世から姿を消してしまった。
1969年のことをいま、書かずにいられない。

高校生も反戦運動に立ち上がった
あの時代がいま熱く思い返される。
痛みと悲しみにみちた快心の青春小説。
       ――川本三郎(評論家)

いつの日も泉は湧いている

定価:本体1,600円+税
発売日:2013年11月06日
ISBN:978-4-532-17125-4
上製/四六判/320ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

大切な女性がこの世から姿を消してしまった。
1969年のことをいま、書かずにいられない。

高校生も反戦運動に立ち上がった
あの時代がいま熱く思い返される。
痛みと悲しみにみちた快心の青春小説。
       ――川本三郎(評論家)

「リアリズムの名手」と言われる著者の最新作!
日経新聞電子版の好評連載、待望の単行本化!!

著者・監修者プロフィール

盛田 隆二(もりた りゅうじ)

1954年東京都生まれ。情報誌「ぴあ」編集の傍ら小説を執筆し、90年の『ストリート・チルドレン』(野間文芸新人賞候補)、92年の『サウダージ』(三島由紀夫賞候補)で注目される。96年作家専業に。2004年に刊行された『夜の果てまで』が30万部を超すベストセラーとなる。他の作品に『おいしい水』『あなたのことが、いちばんだいじ』『ささやかな永遠のはじまり』『ありふれた魔法』『二人静』『身も心も』『きみがつらいのは、まだあきらめてないから』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading