競争戦略のカリスマ、M・ポーター。その著作は必読の古典とされながらも、分厚くて難解と敬遠されがちだった。本書は、日本企業の事例などを取り上げながら、ポーターの考えをわかりやすく解説する画期的入門書。

定価:本体830円+税
発売日:2007年04月16日
ISBN:978-4-532-11138-0
並製/新書判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

競争戦略のカリスマ、M・ポーター。その著作は必読の古典とされながらも、分厚くて難解と敬遠されがちだった。本書は、日本企業の事例などを取り上げながら、ポーターの考えをわかりやすく解説する画期的入門書。

目次

  1. [I] 競争が何をもたらすのか

    [II] 5つの競争要因を学ぶ

    [III] 戦略ポジションを巡る争い

    [IV] クラスターと政府の役割

    [V] 日本の競争戦略を考える

著者・監修者プロフィール

西谷 洋介(にしたに ようすけ)

モニターグループ バイスプレジデント。1965年生まれ。1988年東京大学教養学部卒。ペンシルバニア大学ウォートン校卒業。ベイン・アンド・カンパニー、GEキャピタル、ニュー・メディア・ジャパンを経て、2001年モニターグループ入社。現在に至る。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading