「非効率な貸し出し、不合理な金利決定で、ゾンビ企業を延命」など、中小企業金融への俗説の誤りを、世界的にも稀な大規模データベースを駆使して解明。日本型企業金融のイメージを一新する意欲的研究!

検証 中小企業金融
「根拠なき通説」の実証分析

渡辺努 編著/植杉威一郎 編著
定価:本体2,900円+税
発売日:2008年09月25日
ISBN:978-4-532-13360-3
上製/A5判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「非効率な貸し出し、不合理な金利決定で、ゾンビ企業を延命」など、中小企業金融への俗説の誤りを、世界的にも稀な大規模データベースを駆使して解明。日本型企業金融のイメージを一新する意欲的研究!

大企業と銀行の関係をもとに考えられてきた日本の企業金融の枠組みを根底から揺さぶる画期的内容!経済活性化へ向けて、産業金融の将来像を示す。

目次

  1. はしがき

    序 章 中小企業金融の通説を検証する
      1 本書の目的
      2 各章の概要

    第1章 中小企業における淘汰は正常か
      1 はじめに
      2 企業の淘汰とは何か
      3 自然な淘汰か不自然な淘汰か:デフォルトデータに基づく検証
      4 自然な淘汰か不自然な淘汰か:自主廃業も含むデータに基づく検証
      5 淘汰の重要性
      6 おわりに

    第2章 中小企業向け融資は適切に金利設定されているか
      1 はじめに
      2 貸出金利の理論
      3 貸出金利に関する既存の実証分析
      4 実証分析
      5 おわりに

    第3章 貸しはがしの影響は深刻だったのか
      1 はじめに
      2 銀行の財務状況と銀行貸し出し:既存研究のサーベイ
      3 銀行の財務状況と企業行動:既存研究と本章の関連
      4 メインバンクの健全性と中小企業向け貸し出し:実証分析
      5 メインバンクの健全性と企業行動:実証分析
      6 おわりに

    第4章 リレーションシップバンキングは中小企業金融の万能薬か
      1 はじめに
      2 「リレーションシップバンキング」の意味
      3 リレーションシップバンキングは斬新なビジネスモデルか
      4 リレーションシップバンキングは中小企業金融の万能薬か
      5 おわりに

    第5章 担保や保証人に依存した貸し出しはやめるべきか
      1 はじめに
      2 中小企業向け貸し出しにおける担保・保証の利用状況
      3 借り手のインセンティブ問題と担保・保証
      4 貸し手のモニタリング活動と担保・保証
      5 リレーションシップと担保・保証
      6 実証分析
      7 おわりに

    第6章 政府による特別信用保証には効果があったのか
      1 はじめに
      2 日本の信用保証制度
      3 空前の措置であった特別保証制度
      4 効果の検証
      5 結果の解釈
      6 おわりに

    終 章 中小企業金融の実態と将来像
      1 通説とは反する面が多い中小企業金融の実態
      2 今後の中小企業金融

    補 論 各章の分析に用いたデータベースについて

    専門用語解説
    索引

著者・監修者プロフィール

渡辺 努(わたなべ つとむ)

東京大学大学院経済学研究科教授。1982年東京大学経済学部卒業。日本銀行勤務、ハーバード大学経済学Ph.D.取得。一橋大学経済研究所助教授、教授を経て2011年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

植杉 威一郎(うえすぎ いいちろう)

一橋大学経済研究所准教授。1969年生まれ。93年東京大学経済学部卒業後、通商産業省入省。2000年カリフォルニア大学サンディエゴ校でPh.D.取得。02年経済産業研究所研究員、06年経済産業省中小企業庁事業環境部企画課長補佐。07より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading