インターネットの普及、企業におけるLANの定着、そしてWindowsの定着と、パソコンを巡る状況はすっかり変わった。これら最新の状況を踏まえ、ビジネスに役立つパソコンの使い方を実践的に解説するユニークな一冊。

パソコン活用の手引<新版>

定価:本体830円+税
発売日:1992年04月08日
ISBN:978-4-532-10458-0
並製/新書判/176ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

インターネットの普及、企業におけるLANの定着、そしてWindowsの定着と、パソコンを巡る状況はすっかり変わった。これら最新の状況を踏まえ、ビジネスに役立つパソコンの使い方を実践的に解説するユニークな一冊。

目次

  1. 1 パソコンを正しく理解しよう
    2 仕事とパソコン
    3 オフィスとネットワークコンピューティング
    4 ネットワークコンピューティングの運用

著者・監修者プロフィール

片貝 孝夫(かたかい たかお)

1946年生まれ。1971年東京理科大学物理学科卒業。(株)コンピュータアプリケーションズ入社。1983年片貝システム研究所設立、社長に就任。1992年日本ユースウェア協会設立、会長に就任。 パソナソフト取締役.。 <主な著書>『パソコン入門』(講談社)、『infomix入門』(アスキー)、『パソコン驚異の10年史』(講談社)、『データベース事始め』(アスキー)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。