備えあれば憂いなし。定年後の生活が安定するか否かは、経済的基盤の堅固さ。本書では、目標貯蓄額の設定と実現方法、現実的な投資策、新たな収入を得る方法を簡便な図版をふんだんに用いて詳しく解説。

定価:本体1,000円+税
発売日:2001年02月22日
ISBN:978-4-532-10908-0
並製/小B6判/172ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

備えあれば憂いなし。定年後の生活が安定するか否かは、経済的基盤の堅固さ。本書では、目標貯蓄額の設定と実現方法、現実的な投資策、新たな収入を得る方法を簡便な図版をふんだんに用いて詳しく解説。

目次

  1. I 定年に備えるために
    1・キーワードは「健康で長生き」
    2・生活を支える三つのポイント
    3・定年後の備えも新しい時代へ
    4・新しい時代の家計プラン

    II 働き方がどんどん変わる
    1・動きはじめた雇用延長
    2・崩れる年功賃金
    3・これから広がる就業機会と活躍の場
    4・いまから好きで得意なことを探そう

    III 退職準備資金は大丈夫か
    1・退職後の生活資金を考える
    2・退職時までに用意する資金
    3・賢い備え方と貯蓄の方法
    4・知っておこう、投資の最低知識

    IV マネープランを作ってみよう
    1・退職後生活費のイメージを描く
    2・スタートは現状の把握から…ステップ1
    3・長期家計プランの作成…ステップ2
    4・プランの練り直し…ステップ3
    5・「予想外」(サプライズ)を小さくする

    V 定年退職のとき必要な手続き
    1・棚卸しされる会社との関係
    2・どうなる年金、介護、税金
    3・上手に各種窓口を利用しよう

    VI 広がる活躍の場
    1・熟年時代の大きなメリット
    2・さまざまな生き方
    3・何よりも健康

著者・監修者プロフィール

千保 喜久夫(せんぼ きくお)

1949年富山県生まれ。1972年一橋大学社会学部卒業。日本長期信用銀行に入行。調査部、LTCB and F&C Investment Manegement社長、金融商品開発部長、長銀総研年金調査部長を経て、宇都宮短期大学人間福祉学科教授、(財)シニアプラン開発機構主席研究員、(財)年金総合研究センター運営委員。現職・肩書き:宇都宮短期大学教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading