課長は「スキル」だ――問題解決力、会社数字の読み方、社内での立ち振る舞い……現在の課長に必要とされる知識とスキル体系を伝授。

定価:本体850円+税
発売日:2016年03月10日
ISBN:978-4-532-26300-3
並製/新書判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

課長は「スキル」だ――問題解決力、会社数字の読み方、社内での立ち振る舞い……現在の課長に必要とされる知識とスキル体系を伝授。

●「課長という仕事」の変化● 
                  
 女性や中途入社社員、シニア社員など企業内の人材がさらに多角化するにつれて、今までとは180度異なったマネジメントが求められている。現場レベルで、その困難に直面しているのが課長である。  

 課長に登用される人材も変化している。若手や女性の登用も増えている。年上の部下のマネジメントにあたるケースも少なくない。
従来のように「周囲をお手本にして」「我流で」課長の仕事をこなし、問題解決にあたることは難しい。 

●プロ課長としてのスキルを網羅する1冊● 

 本書では、課長の仕事を「スキル」として捉え、そのために必要な一連の知識を授ける。本書を読めば、課の運営に必要なひととおりの知識が身につき、またストレスの多い中間管理職の心の拠り所になるような1冊とする。

ストレスの多い中間管理職の仕事を「スキル」と捉え、体系的に教える本です。30代後半~40代の悩み多きマネージャーたちに。

目次

  1. はじめに 「課長」が危ない

    第1章 「いらない課長」はこうして生まれる--課長の受難を分析する

    第2章 なぜ問題解決に失敗するか--高度化する課長の仕事

    第3章 すごい課長の職場の空気づくり--まとまり感を高める技術

    第4章 課長は〇〇から見られている--スキルとしてのリーダーシップ術

    第5章 すごい課長は飲み会に呼ばれる――生産性を高めるコミュニケーション術

    第6章 ビジネス数字を知らない課長はいらない--課長が知るべき会計知識

    第7章 出世する課長は出世を目指さない--「島耕作」から「ハマちゃん」へ

著者・監修者プロフィール

新井 健一(あらい けんいち)

経営コンサルタント、アジア・ひと・しくみ研究所代表取締役。1972年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手重機械メーカー、アーサーアンダーセン(現KPMG)、同ビジネススクール責任者、医療・IT系ベンチャー企業役員を経て独立。大企業向けの人事コンサルティングから起業支援までコンサルティング・セミナーを展開。著書に、『いらない課長、すごい課長』『すごい上司』『儲けの極意はすべて「質屋」に詰まっている』等。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading