インターネットを介した企業間取引(B2B)が日本でも着実に広がっている。本書は、豊富な図表と、さまざまな企業の事例をもとに、B2B戦略を包括的かつ実践的に解説。ハンドブックとしても使える本格的な内容。

図解 B2B戦略入門
先端技術とネットワークの活用法

定価:本体1,600円+税
発売日:2001年02月22日
ISBN:978-4-532-14901-7
並製/A5判/190ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

インターネットを介した企業間取引(B2B)が日本でも着実に広がっている。本書は、豊富な図表と、さまざまな企業の事例をもとに、B2B戦略を包括的かつ実践的に解説。ハンドブックとしても使える本格的な内容。

目次

  1. 第1章 B2B電子商取引の基礎

         拡大しつづける巨大市場
         インターネットがB2Bの基礎
         デジタル市場
         市場の傾向

    第2章 B2BとB2C

         B2B電子商取引とB2C電子商取引の違い
         インターネット市場の発展
         顧客との関係
         ブランド戦略
         業界とサプライ・チェーン
         マーケティングの問題
         技術
         B2C技術の利用

    第3章 イノベーションの実際----B2Bのベストプラクティス

         先例に学ぶ
         ブリック・アンド・モルタルからクリック・アンド・モルタルへ
         変革中の企業
         B2Cからのクロスオーバー
         B2B取引所と仲介業者
         ベストプラクティス

    第4章 協力関係の構築

         B2Bの世界のパートナーと協力関係
         誰がパートナーを必要とするのか
         B2B事業の特徴
         パートナーのネットワーク
         協力関係の戦術的要因

    第5章 B2Bのアプリケーション、サービス、ソフトウェアの選択

         アプリケーションの枠組み
         B2Bの目的サイト
         アプリケーション・ビルダーとプロバイダー

    第6章 電子商取引をとりまく技術

         ウェブの基本
         インターネットの発展
         セキュリティ
         税務計算
         オーサリング・システムとコンテンツ管理
         ナレッジ・マネジメント
         顧客関係管理システム
         広告管理
         ポータル開発ソフトウェア
         まとめ

    第7章 B2B事業の設計

         はじめに
         企業を設計する
         作成資料
         マーケティング
         ワン・ツー・ワン・マーケティング
         サービスとサポート
         コンテンツ
         技術の統合

    第8章 急流を乗り切る----リアルタイムな組織改革

         リスクと企業文化
         魔法の弾丸
         慣行の改革
         ワークフロー
         文化と戦略への影響
         ベストプラクティスの採用

    第9章 B2B戦略のまとめ

         他社との関係
         組織の改革
         技術
         統合戦略
         B2B

    用語集
    索引
    参考文献
    謝辞

著者・監修者プロフィール

カニンガム,マイケル(かにんがむ まいける)

ハーバード・コンピューティング・グループの創設者で、現在は同社のCEO。国際的なビジネスや技術のコンサルティングを行う一方、インターネット関連のソリューションを提供している。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

伊豆原 弓(いずはら ゆみ)

1966年生まれ。翻訳家。 <主な訳書>『イノベーションのジレンマ』(翔泳社)、『HPウエイ』(日本経済新聞社)、『デッドライン』(日経BP社)、『WEBサイト・マネジメント』(日経BP社)、『殺人バグを追え』(日経BP社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。