日本のもの造りを支えてきたのが、全社で製品の品質向上に取り組むTQM(総合的品質管理)だ。活動内容と考え方、個々のプロセスと組織全体を改善する方法といった全体像を、サービス業での活用も意識して丁寧に解説。

TQM 品質管理入門

山田秀
定価:本体830円+税
発売日:2006年01月17日
ISBN:978-4-532-11090-1
並製/新書判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

日本のもの造りを支えてきたのが、全社で製品の品質向上に取り組むTQM(総合的品質管理)だ。活動内容と考え方、個々のプロセスと組織全体を改善する方法といった全体像を、サービス業での活用も意識して丁寧に解説。

目次

  1. [I] TQMとは
     1 TQMのねらい
     2 品質・質(Quality)とは
     3 管理(Management)とは
     4 「総合的(Total)」な活動がなぜ必要か
     5 TQMの歴史的変遷  他

    [II] TQMを支える行動指針と基本的考え方
     1 PDCAと継続的改善
     2 プロセスで作りこむ
     3 応急対策と再発防止策
     4 データで語る

    [III] 個々のプロセスをレベルアップする方法
     1 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)
     2 標準化
     3 改善のステップ
     4 改善のための手法

    [IV] 組織全体をレベルアップする方法
     1 総合的に進めるための要点
     2 QCサークル・プロジェクトチーム
     3 方針管理
     4 日常管理
     5 機能別管理  他

    [V] 各段階でのTQMのポイント
     1 品質保証体系の整備
     2 研究開発・企画段階
     3 設計段階
     4 生産準備・購買管理段階
     5 生産・サービス提供段階  他

    [VI] TQMのモデルとその効果的な活用
     1 ISO9000ファミリー規格
     2 デミング賞
     3 マルコム・ボルドリッジ国家品質賞
     4 シックスシグマ
     5 TQMのエッセンスとモデルの活用  他

    おわりに

著者・監修者プロフィール

山田 秀(やまだ しゅう)

1964年生まれ。1993年東京理科大学大学院工学研究科博士課程修了、博士(工学)。同大学助手。1996年東京都立科学技術大学講師。1999年東京理科大学助教授。2004年筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授、現在に至る。 <主な著書>『TQM 品質管理入門』(日本経済新聞社、2006)、『おはなし統計的方法』(共著、日本規格協会、2005)、『TQM・シックスシグマのエッセンス』(編著、日科技連出版社、2004)、『実験計画法――方法編』(日科技連出版社、2004、日経品質管理文献賞受賞)、『実験計画法――活用編』(編著、日科技連出版社、2004)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading