総合物流施策大綱の施行により国際化、規制緩和が急速に進む物流業界の最先端の動向を簡潔に解説。サプライチェーン、インターネット物流、ISOへの対応などスピード経営の柱となる戦略的物流のポイントが分かる。

物流戦略の実際<新版>

定価:本体830円+税
発売日:1992年09月09日
ISBN:978-4-532-10464-1
並製/新書判/198ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

総合物流施策大綱の施行により国際化、規制緩和が急速に進む物流業界の最先端の動向を簡潔に解説。サプライチェーン、インターネット物流、ISOへの対応などスピード経営の柱となる戦略的物流のポイントが分かる。

目次

  1. 1. 物流市場の現状と構造変化の進展
      物流市場における需要と供給/物流業をとりまく環境変化/
      経済構造改革と物流
    2. 物流業の市場戦略
      物流業界の構造と競争/輸送効率化および品質向上の戦略/
      情報・通信技術の活用/物流業の業態化/
      ロジスティクス・サービスによる荷主支援
    3. 社会変化への適合と物流課題
      社会との共生/物流効率化のための課題
    4. 企業の物流戦略
      物流戦略の変遷/物流改善の領域/物流管理/
      物流拠点政策/統合化の物流
    5. 企業物流の新たな方向
      あるべき物流の姿/パートナーシップの物流/物流への理解/
      物流の未来
    6. ロジスティクスの時代へ
      ロジスティクスの本質/ロジスティクス体系/
      ロジスティクス情報システム

著者・監修者プロフィール

中田 信哉(なかだ しんや)

神奈川大学名誉教授。1941年島根県に生まれる。1964年慶応義塾大学卒業。大手食品会社を経て、1969年流通経済研究所入所。1983年より神奈川大学経済学部助教授。1989年より同教授。2012年4月より現職。 <主な著書>『物流政策と物流拠点』(白桃書房)、『物流の知識』(共著、日本経済新聞出版社)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

長峰 太郎(ながみね たろう)

1944年神戸市生まれ。1968年関西学院大学商学部卒業。流通科学大学商学部教授。 <主な著書>『90年代への流通戦略』(共著、日本能率協会)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading