ワークライフバランス、非正規社員の活用……。日本企業の人事管理はここ数年で大きく変化している。人事管理のベストテキストとして実務家、学生から高く評価されているロングセラーを環境変化に即応して全面改訂。

定価:本体3,000円+税
発売日:2009年12月24日
ISBN:978-4-532-13379-5
並製/A5判/376ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ワークライフバランス、非正規社員の活用……。日本企業の人事管理はここ数年で大きく変化している。人事管理のベストテキストとして実務家、学生から高く評価されているロングセラーを環境変化に即応して全面改訂。

人事労務管理を包括的に解説した定番テキストとして好評の『マネジメント・テキスト 人事管理入門』。「ワークライフバランス」関連の解説など、環境の変化に即して事例コラムを中心に改訂しました。

目次

  1. まえがき

    第1章 人事管理のとらえ方
    第2章 戦略・組織と人事管理
    第3章 社員区分制度と社員格付け制度
    第4章 採用管理
    第5章 配置と異動の管理
    第6章 教育訓練
    第7章 人事評価
    第8章 昇進管理
    第9章 報酬管理
    第10章 福利厚生と退職給付
    第11章 労働時間と勤務場所
    第12章 企業人材活用とワーク・ライフ・バランス支援
    第13章 雇用調整と退職の管理
    第14章 パート社員や外部人材の活用
    第15章 労働組合と労使関係

    文献リスト
    索引

    コラム

著者・監修者プロフィール

今野 浩一郎(いまの こういちろう)

1946年、東京生まれ。71年、東京工業大学理工学部経営工学科卒業。73年、同大学大学院理工学研究科修士課程修了、同年、神奈川大学工学部助手。80年、東京学芸大学教育学部講師、82年同大学助教授。92年より学習院大学経済学部経営学科教授。 <主な著書>『こういう組織が技術者を生かす』(共著、日本実業出版、1991年)、『大卒ホワイトカラーの人材開発』(共著、東洋経済新報社、1991年)、『研究開発マネジメント入門』(日経文庫、1993年)、『資格の経済学』(共著、中公新書、1995年)、『人事管理入門』(日経文庫、1995年)、『勝ちぬく賃金改革』(日本経済新聞出版社、1998年)、『マネジメント・テキスト 人事管理入門』(共著、日本経済新聞出版社、2002年)、『個と組織の成果主義』(編著、中央経済社、2003年)、『東京に働く人々』(共著、法政大学出版局、2005年)、『人事マネジメント』(共著、ミネルヴァ書房、2009年)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

佐藤 博樹(さとう ひろき)

東京大学大学院情報学環教授(社会科学研究所兼務)。1953年生まれ、1981年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、同年雇用職業総合研究所(現、労働政策研究・研修機構)研究員、1983年法政大学大原社会問題研究所助教授、1987年法政大学経営学部助教授、1991年法政大学経営学部教授、1996年東京大学社会科学研究所教授、2011年4月より現職。 <主な著書>『マネジメント・テキスト 人事管理入門〈第2版〉』(共著、日本経済新聞出版社)、『実証研究 日本の人材ビジネス』(共編、日本経済新聞出版社)、『パート・契約・派遣・請負の人材活用〈第2版〉』(編著、日経文庫)、『男性の育児休業』(共著、中公新書)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著、日経文庫)、『結婚の壁』(共編著、勁草書房)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading