著者の繁盛店への豊富な取材と小売業者、食品メーカーへの商品開発指導の成果を通してつかんだ食マーケットのトレンドを背景に、売り場づくり、商品構成、ブランド構築など、成功の秘訣を事例と共に開示します。

「食」繁盛店からトレンドをよむ
おいしさがブランド

定価:本体1,600円+税
発売日:2005年02月14日
ISBN:978-4-532-31196-4
並製/四六判/292ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

著者の繁盛店への豊富な取材と小売業者、食品メーカーへの商品開発指導の成果を通してつかんだ食マーケットのトレンドを背景に、売り場づくり、商品構成、ブランド構築など、成功の秘訣を事例と共に開示します。

目次

  1. まえがき

    第1章 買い手市場に求められる変化対応力
     1 売り手の常識はお客様の非常識
     2 進歩を阻む5つの売り手発想
     3 チェーンストアはどう変化対応すべきか
     4 お客様の価値観の変化

    第2章 ブランド・ロイヤルティを創造しよう
     1 赤坂動物病院から学んだこと
     2 青山フラワーマーケットのブランド戦略
     3 全員が参加する経営
     4 マーチャンダイジング元年

    第3章 繁盛店のゴールデンルール
     1 売れているお店のマーチャンダイジング
     2 売れないお店のマーチャンダイジング
     3 情報を力に変える
     4 ハレの日の売り場づくり、商品づくり

    第4章 食トレンドのいま
     1 食トレンド
     2 日本のレストラントレンド
     3 惣菜売り場の問題点
     4 お弁当マーケットについて

    第5章 おいしさの絶対追求
     1 おいしさ10訓
     2 商品部に理念があるか
     3 売れない商品をつくる体質

    第6章 地域でオンリーワンの店になるために
     1 生鮮3品が基本
     2 大惣

    終章 商品経営の哲学
     1 食の担い手として・・・・・
     2 小売業の土台は、理念と良い社風

    あとがき

著者・監修者プロフィール

おおや かずこ(おおや かずこ)

昭和32年大阪生まれ。帝塚山学院短期大学卒業後、渡仏。エコール・ド・レマニア、およびコルドンブルー料理科・製菓科を卒業し、ヨーロッパ各地にて研修。大手スーパー、コンビニエンスストア、ファミリーレストランと顧問契約を結び、メニュー戦略のコンサルティング、および商品開発指導にあたる。 <主な著書>『食卓からのマーケティング』(柴田書店)、『おいしさの革新――食マーケットの「いま」』(柴田書店)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading