ビジネスへの応用範囲が広がり、重要性を増すデリバティブについて、第一級の研究者がわかりやすく解説。大統領選やテニスの試合を例として用いるなど、高校生レベルの数学知識でも評価やリスクの本質がわかる。

はじめてのデリバティブ
複雑なテクニックを排し、発想の原点を学ぶ

定価:本体2,800円+税
発売日:2002年05月09日
ISBN:978-4-532-13227-9
上製/A5判/284ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ビジネスへの応用範囲が広がり、重要性を増すデリバティブについて、第一級の研究者がわかりやすく解説。大統領選やテニスの試合を例として用いるなど、高校生レベルの数学知識でも評価やリスクの本質がわかる。

目次

  1. 第1章 デリバティブとは何か

    第2章 市場と商品

    第3章 ノー・フリー・ランチの世界

    第4章 複製による価格評価

    第5章 オプション評価公式を求めて

    第6章 企業のヘッジ手法

    第7章 投資家のデリバティブ利用法

    第8章 破綻――人間の無謀さによる顛末

    第9章 クレジット・リスクを管理する

    第10章 フィナンシャル・エンジニアリング――計算手法の開発

著者・監修者プロフィール

ボイル,フェリム(ぼいる ふぇりむ)

北アイルランド生まれ。ドーナン・スクール、北アイルランドのベルファストにあるクイーンズ大学を卒業。ダブリンのトリニティ・カレッジで物理学のPh.D.を取得したのち、アクチュアリーの資格も取得する。。1970年代はじめにオプションに魅了され、それ以来、デリバティブに関する数多くの論文を発表している。モンテカルロ法を用いてオプションの評価を行った最初の人物。 現職・肩書: カナダのウォータールー大学・最先端金融研究所の所長。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ボイル,フェイドリム(ぼいる ふぇいどりむ)

アイルランド生まれ。カナダのキングストンにあるクイーンズ大学の政治科学部を卒業。ダブリンのトリニティ・カレッジで修士を取得したのち、コーネル大学の経営大学院でMBAを取得。スコティア・マクロード、ゴールドマン・サックスの株式部門でさまざまな仕事を行った経験も持つ。 現職・肩書: Cayuga Fund LLCのポートフォリオ・マネージャー。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

今井 潤一(いまい じゅんいち)

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading