世界の税制に精通し、数々のタックスプランを組み立ててきた著者たちが、二重課税を避け節税をはかる国際税務の考え方をイロハのイから解説。日米租税条約をはじめ制度改正や新しい事例を盛り込んだ名著待望の改訂版。

国際税務入門

定価:本体3,400円+税
発売日:2006年01月25日
ISBN:978-4-532-13308-5
上製/A5判/244ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

世界の税制に精通し、数々のタックスプランを組み立ててきた著者たちが、二重課税を避け節税をはかる国際税務の考え方をイロハのイから解説。日米租税条約をはじめ制度改正や新しい事例を盛り込んだ名著待望の改訂版。

目次

  1. 序章 国際税務の視点

    第1章 国際課税のしくみ――課税権とは

    第2章 二重課税の排除――外国税額控除

    第3章 国外への所得移転対策(その1)――過少資本税制

    第4章 国外への所得移転対策(その2)――移転価格税制

    第5章 国外への所得移転対策(その3)――タックスヘイブン対策税制

    第6章 租税条約とは

    第7章 ケーススタディ――国際租税回避事例の検討

    <付録1>日米租税条約全文

    <付録2>税法抜粋

    用語索引

著者・監修者プロフィール

中田 謙司(なかだ けんじ)

1956年神奈川県生まれ。1980年一橋大学商学部卒業後、アーサーアンダーセン入社。東京事務所、ニューヨーク事務所で監査・税務業務に従事。1986年ニューヨーク大学経営大学院修了(租税学専攻)、同年、アーサーアンダーセン退社後モルガン・スタンレー入社、マネジング・ディレクター、税務室長、監査部長、法務部長、管理副本部長を歴任。2004年モルガン・スタンレー退社。現在 公認会計士、米国公認会計士、一橋大学大学院国際企業戦略研究科非常勤講師。 <主な著書>『租税条約の読み方』(1994年日本公認会計士協会学術賞受賞、中央経済社)、『税金を払おう』(2003年(財)租税資料館賞受賞、日本経済新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

谷本 真一(たにもと しんいち)

1963年富山県生まれ。1986年一橋大学商学部卒業後、アーサーアンダーセン入社。モルガン・スタンレーを経て、2004年より新日本アーンストアンドヤング税理士法人キャピタルマーケット部門担当パートナー。日本公認会計士協会金融商品会計専門委員、同IASB専門委員、財務会計基準委員会金融商品専門委員等を歴任。 <主な著書>『金融商品会計の完全解説』(共著、財経詳報社)、『Q&A 金融商品会計』(共著、税務経理協会)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading