700年の武士の治世は日本が最も安定した時代だった――鎌倉幕府は“裁判所”、東山文化、戦国武将の富国策、徳川の鎖国……。明治の世、日本が進む道を西郷は危ぶんでいた。混迷の時代にこそ必読! まったく新しい西郷論!

西郷隆盛 ラストサムライ

上田篤
定価:本体1,800円+税
発売日:2009年11月25日
ISBN:978-4-532-16721-9
上製/四六判/320ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

700年の武士の治世は日本が最も安定した時代だった――鎌倉幕府は“裁判所”、東山文化、戦国武将の富国策、徳川の鎖国……。明治の世、日本が進む道を西郷は危ぶんでいた。混迷の時代にこそ必読! まったく新しい西郷論!

維新の三傑のひとりが東京のど真ん中で、なぜ筒袖の着物で犬を連れているのか? 人類学から言語学まで該博な知識で史実の穴を埋めていく――西郷を通して「サムライ」について考察したスケールの大きな文明論です。

目次

  1. はじめに 西郷以前 サムライとは何か?

    一 サムライの子・西郷
    二 主君にしたがう
    三 天子にしたがう
    四 天にしたがう

    むすび 西郷以後 サムライはよみがえるか?

    あとがき
    年譜・参考文献

著者・監修者プロフィール

上田 篤(うえだ あつし)

昭和5年生まれ。建築学者、エッセイスト。京都大学工学部卒業、同大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了、建設省技官を経て、京都大学工学部助教授・教授、大阪大学教授、京都精華大学教授を歴任。総合研究開発機構理事。社叢学会副理事長。1988年京都市自治100周年記念表彰、2000年大阪文化賞など受賞多数。 <主な著書>『日本人の心と建築の歴史』『鎮守の森』(鹿島出版会)、『五重塔はなぜ倒れないか』『庭と日本人』(新潮社)、『一万年の天皇』(文藝春秋)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading