大学卒業と同時に、従兄の豊田喜一郎のもとで自動車事業立ち上げに参加し、以来一貫してトヨタとともに歩んできた男の履歴書。「カローラ」開発、排ガス規制、米国進出など、「世界のトヨタ」を作り上げた決断の裏側を、「寡黙の人」が語る。   解説・佐藤義信

私の履歴書 決断

定価:本体695円+税
発売日:2000年10月20日
ISBN:978-4-532-19019-4
並製/A6判/280ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

大学卒業と同時に、従兄の豊田喜一郎のもとで自動車事業立ち上げに参加し、以来一貫してトヨタとともに歩んできた男の履歴書。「カローラ」開発、排ガス規制、米国進出など、「世界のトヨタ」を作り上げた決断の裏側を、「寡黙の人」が語る。   解説・佐藤義信

目次

  1. 工場を学校として

      トヨタ前史/小学校入学/押切工場時代/佐吉の思い出/
      中学時代/高校時代/自動車との関わり/東大時代/
      私の二・二六事件/就職/芝浦研究所/部品さがし/
      国産化政策/監査改良部/工場移転/メートル法/
      かんばんのルーツ

    時代を翔る

      結婚/トヨタ、日産、フォード提携/中国巡回サービス/
      上海再訪/日米開戦/トヨタ再編/戦中の自動車/地震/
      空襲/終戦/副業/副社長の死/ディーラー再編/
      倒産寸前/人員整理 /渡米(1)フォード訪問/
      渡米(2)工場実習/渡米(3)ジェームズ平田さんのこと/
      渡米(4)ニューヨーク生活/朝鮮特需/創業者の死

    挑戦そして決断

      乗用車生産始動/トラック第二系列/元町工場/
      中川社長誕生/業界再編(1)フォード、プリンス/
      業界再編(2)日野自動車/業界再編(3)ダイハツ/
      モータリゼーション/社長就任 /排出ガス規制/
      RE交渉/石油危機/トヨタ財団/豊田工業大学/
      豊田中央研究所/国際経済研究所/工販合併/
      トヨタ最長老/決断/安住こそ大敵

    関係年表

    解説  トヨタ経営の流れと豊田英二の決断(佐藤義信)

著者・監修者プロフィール

豊田 英二(とよだ えいじ)

トヨタ自動車最高顧問。1913年生まれ。1936年東京帝国大学工学部機械工学科を卒業し、豊田自動織機製作所入所。1937年トヨタ自動車工業創設と同時に転籍。1967年同社取締役社長、1982年トヨタ自動車取締役会長、1992年同社取締役名誉会長、1994年同社名誉会長に就任。1999年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading