商品先物取引入門

米良周
定価:本体1,262円+税
発売日:1995年02月22日
ISBN:978-4-532-14354-1
204ページ
購入画面へ進む

目次

  1. 第 I 章 商品先物取引とは
     1 手元にない商品の売買
     2 ハイリスク・ハイリターン
     3 ルーツはコメ先物
     4 リスクヘッジの役割
     5 投機は先物の潤滑油
     市況格言

    第II章 商品先物取引のしくみ
     1 商品取引所は法定市場
     2 期限の月別に取引
     3 一般投機家の参加一「自分の判断で」が鉄則
     4 追い証は撤収のシグナル
     5 少額だけど大きい手数料
     6 リスク小さい特定取引
     7 新種取引の登場―オプション、指数先物、現金決済
     市況格言

    第III章 先物相場の変動要因
     1 ファンダメンタルズ
     2 テクニカル
     3 現代の仕手、商品ファンド
     市況格言

    第IV章 日本の商品先物市場
     1 戦後の歩み―長かった「冬の時代」
     2 90年法改正―拡大へのルール作り
     3 見直されるアジア産品
     市況格言

著者・監修者プロフィール

米良 周(めら しゅう)

1936年旧満州(中国東北部)新京市生まれ。60年早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒業、同年日本経済新聞社入社。73年商品部次長、78年商品部編集委員を経て、94年より日経産業消費研究所主席研究員。96年日本経済新聞社退社、著述業。 <主な著訳書>『日経商品面の読み方』(共著、日本経済新聞社、1978年)、『金一21世紀への展望』(共訳、日本経済新聞社、1988年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading