投資銀行さえ規制すれば問題は解決できるなんて短絡的な発想だ。年金基金と経営者の無謀な行動こそが、アメリカ型資本主義敗北の原因なのだ。内外の投資銀行における実務経験にもとづいて金融危機の本質に迫る。

投資銀行は本当に死んだのか
米国型資本主義敗北の真相

定価:本体1,900円+税
発売日:2009年02月25日
ISBN:978-4-532-35345-2
上製/四六判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

投資銀行さえ規制すれば問題は解決できるなんて短絡的な発想だ。年金基金と経営者の無謀な行動こそが、アメリカ型資本主義敗北の原因なのだ。内外の投資銀行における実務経験にもとづいて金融危機の本質に迫る。

野村證券、ゴールドマンサックスなど一流の投資銀行における実務経験に基づいて、今回の金融危機の本質に迫る。

目次

  1. はじめに

    第1章 迷走―投資銀行とグリーンスパンを悪者にすれば、問題は解決するのか?
    第2章 誤算―金融スキーム暴走の真実
    第3章 変革―ウォール街と世界経済を変質させた三〇年
    第4章 ジレンマ―危機への対応が次の危機を生む
    第5章 再生産される危機―「逆スパイラル」を生む真犯人
    終 章 加熱を回避する為の一〇の処方箋

    主な参考文献

著者・監修者プロフィール

尾崎 弘之(おざき ひろゆき)

東京工科大学教授。東京大学法学部卒業、ニューヨーク大学MBA。早稲田大学博士(学術)。84年野村證券入社後、ニューヨーク現地法人などに勤務。モルガン・スタンレー証券で債券・機関投資家営業、ゴールドマン・サックス投信で執行役員を務める。バイオベンチャーのディナベックCFOなどを経て、2005年から現職。福岡市出身。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading