世界的な大競争を乗り切るカギは「混沌」にある。横並び、画一主義から、個人のインセンティブを汲み上げ、リスクのとれる経済にいかに転換できるか? 混迷する日本経済「改革」のための方策を示す、緊急提言。

日本経済 「混沌」からの出発

中谷巌
定価:本体1,600円+税
発売日:1998年06月18日
ISBN:978-4-532-14665-8
上製カバー巻/四六判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

世界的な大競争を乗り切るカギは「混沌」にある。横並び、画一主義から、個人のインセンティブを汲み上げ、リスクのとれる経済にいかに転換できるか? 混迷する日本経済「改革」のための方策を示す、緊急提言。

目次

  1. 序 章 ハードランディングを避けるために
    第1章 崩れる護送船団体制
    第2章 人材流動化時代と日本経済
    第3章 クラッシュへの道
    第4章 新規ビジネスへの構築
    第5章 日本企業は生き残れるか

著者・監修者プロフィール

中谷 巌(なかたに いわお)

1942年大阪に生まれる。1965年一橋大学経済学部卒業。1969年ハーバード大学大学院留学。1973年ハーバード大学博士(Ph.D)。1973年ハーバード大学経済学部講師兼研究員(~1974年)。大阪大学経済学部教授、一橋大学商学部教授を経て、現在 三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長、多摩大学学長。 <主な著書>『入門マクロ経済学』(日本評論社)、『転換する日本企業』(講談社現代新書)、『ボーダーレス・エコノミー』(日本経済新聞社)、『日本経済「混沌」からの出発』(日本経済新聞社)、『日本企業復活の条件』(東洋経済新報社)、『日本経済の歴史的転換』(東洋経済新報社)、『eエコノミーの衝撃』(東洋経済新報社)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading