なぜ日本企業はグローバル化でつまずくのか。いま求められているのは「枠組みを超えて問う力」である。スイスの世界的ビジネススクール、IMDの学長が、日本企業の思い込みや偏見を喝破する。これが世界の常識だ!

ふたたび世界で勝つために
グローバルリーダーの条件

定価:本体1,600円+税
発売日:2015年11月13日
ISBN:978-4-532-31991-5
並製/四六判/220ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

なぜ日本企業はグローバル化でつまずくのか。いま求められているのは「枠組みを超えて問う力」である。スイスの世界的ビジネススクール、IMDの学長が、日本企業の思い込みや偏見を喝破する。これが世界の常識だ!


世界トップクラスの実績を持つIMDの学長による、日本の読者のための書き下ろし。世界を駆けめぐる著者だからこそ見えてきたものとは?

目次

  1. 第1章 枠組みを超えて考える<BigPicture>
     
    第2章 技術だけにとどまらず、和音を奏でる<Innovation>

    第3章 効率を求めず、最適解を見出す<Diversity>

    第4章 多くの引き出しを持つ<Communication>

    第5章 自らの行動をマネジメントする<Leadership>

著者・監修者プロフィール

テュルパン,ドミニク(てゅるぱん どみにく)

スイスのビジネススクール、IMD学長
1957年フランス生まれ。ESSCA経営大学院を卒業後、日本に渡り、上智大学で経済学博士号取得。IMD教授として四半世紀にわたり、世界各国の企業に対する教育や調査研究に従事。ブランドマネジメント、コミュニケーション戦略が専門。日本企業のグローバル化支援と幹部教育にも長年携わる。2010年7月より現職。
著書に『なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか』(共著、日本経済新聞出版社)など。スイス・ローザンヌ在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

高津 尚志(たかつ なおし)

IMD北東アジア代表。
1965年生まれ。AFS奨学生として高校時代にカナダに留学。早稲田大学政治経済学部卒業。フランスの経営大学院INSEADとESCPに学ぶ。日本興業銀行、ボストン コンサルティング グループ、リクルートを経て2010年11月よりIMDに参画。
著書に『なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか』(共著、日本経済新聞出版社)、翻訳書に『企業内学習入門』(シュロモ・ベンハー著、英治出版)など。東京在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading