老年の幸せは「我まま」に生きることにあり。古今東西の賢人たちの教えを通して、充実した老後を送る指針を示す。日々の生活の中にこそ幸福はある、知の世界に勝る喜びなしと説く、老年のための異色の生きがい論。

老年よ、「我まま」に生きよ
賢者に学ぶ幸福論

定価:本体1,500円+税
発売日:2006年03月21日
ISBN:978-4-532-16556-7
上製/四六判/220ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

老年の幸せは「我まま」に生きることにあり。古今東西の賢人たちの教えを通して、充実した老後を送る指針を示す。日々の生活の中にこそ幸福はある、知の世界に勝る喜びなしと説く、老年のための異色の生きがい論。

目次

  1. プロローグ 気がつけば還暦――モットーは自由、自立、「我まま」

    第1章 手本はロビンソン・クルーソー

    第2章 「我まま」とは自由に生きること

    第3章 人生は時間の使い方

    第4章 心の自立――怒りっぽい老人にならないために

    第5章 知の世界は無限のよろこび

    第6章 老いの幸せ――「夫婦仲良く3度くふめし」

    あとがき

    【参考文献】

著者・監修者プロフィール

木原 武一(きはら ぶいち)

1941年東京に生れる。東京大学文学部ドイツ文学科卒業。6年間の会社勤務ののち、文筆家・翻訳家として活躍。 <主な著書>『哲学からのメッセージ』(新潮選書)、『大人のための偉人伝(正・続)』(新潮選書)、『天才の勉強術』(新潮選書)、『父親の研究』(新潮選書)、『人生を考えるヒント』(新潮選書)、『ゲーテに学ぶ幸福術』(新潮選書)、『要約世界文学全集(1、2)』(新潮文庫)、『あの世でも続けたい仕事』(PHP文庫)、『孤独の研究』(PHP文庫)、『性格の研究』(PHP文庫)、『名作はなぜ生まれたか』(PHP文庫)、『人生最後の時間』(PHP文庫)、『恋愛小説を愉しむ』(PHP新書)、『こころを養う賢者の言葉』(海竜社)、『大人のための世界の名著 必読書50』(海竜社) <主な訳書>『ベルイマン自伝』(新潮社)、『聖書の暗号』(新潮社)、『消えた略奪美術品』(新潮社)、『ロゼッタストーン解読』(新潮社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading