田中角栄首相訪中のお膳立てなど、日中の国交正常化と友好促進に半生をささげた孫氏の「履歴書」は、単なる個人史にとどまらず、満州国のくだりなど歴史の秘話もふんだんに盛り込まれ、日中の裏面史としても面白い。

中国と日本に橋を架けた男

孫平化
定価:本体1,600円+税
発売日:1998年08月05日
ISBN:978-4-532-16272-6
上製/四六判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

田中角栄首相訪中のお膳立てなど、日中の国交正常化と友好促進に半生をささげた孫氏の「履歴書」は、単なる個人史にとどまらず、満州国のくだりなど歴史の秘話もふんだんに盛り込まれ、日中の裏面史としても面白い。

目次

  1. 国交正常化二十五周年…はじめに
      たたかいの日々

    1 友好のための活動

    2 中日関係の未来へ向けて

    孫 平化氏の思い出 劉 徳有

    心に祭る―あとがきに代えて 孫 暁燕

著者・監修者プロフィール

孫 平化(そん へいか)

元中国日本友好協会会長。1917年中国遼寧省蓋平県(現・蓋州市)生まれ。1939年東京工業大学付属予備部に留学、同大応用化学科に進み1943年に中退して帰国。中華人民共和国成立後の1952年日本からの最初の訪中代表団を接待する。以来、中国人民外交協会理事などを歴任。1963年中国日本友好協会が設立され、副秘書長に就任。1964~67年廖承志事務所駐東京連絡処首席代表を務める。1972年上海バレエ団団長として訪日、日中国交正常化に尽力。1978年中国人民政治協商会議全国委員会委員に当選(1983年、1988年にも当選)。1979年中国日本友好協会副会長兼秘書長、1983年中国人民対外友好協会副会長に就任。1986年から中国日本友好協会会長。1997年8月15日逝去。 <主な著書>『中日友好随想録』(世界知識出版社[北京]、1986年)、『日本との30年』(講談社[東京]、1987年)、『50年の変遷』(今日中国出版社[北京]、1995年)、『我的履歴書』(世界知識出版社[北京]、1998年)、『中国と日本に橋を架けた男』(日本経済新聞社[東京]、1998年)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading