担保・保証の法律知識と、その実務上の留意点をシンプルにわかりやすく解説して好評のロングセラー。改正民法に対応し内容を一新。抵当権・根抵当権について詳しく解説するなど、より一層実務に即した内容となった。

担保・保証の実務 第3版

定価:本体830円+税
発売日:2004年12月13日
ISBN:978-4-532-11052-9
並製/新書判/184ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

担保・保証の法律知識と、その実務上の留意点をシンプルにわかりやすく解説して好評のロングセラー。改正民法に対応し内容を一新。抵当権・根抵当権について詳しく解説するなど、より一層実務に即した内容となった。

目次

  1. [I] 担保・保証の基礎知識
     1 担保・保証による回収
     2 「債務名義」による回収
     3 簡易裁判所で作る債務名義
     4 公正証書による債務名義
     5 担保の種類の分析

    [II] 抵当権
     1 抵当権の設定
     2 設定後の諸変化
     3 抵当不動産の賃貸
     4 抵当不動産の売買
     5 法定地上権

    [III] 根抵当権
     1 根抵当権で担保する債権
     2 根抵当権設定契約書
     3 設定後の諸変化
     4 特殊な変更
     5 根抵当権の確定

    [IV] (根)抵当権の実行
     1 競売について
     2 抵当権の順位の譲渡など
     3 共同抵当権の実行
     4 競落不動産の引渡命令
     5 収益執行という抵当権の実行
     6 競売と借地借家法

    [V] 権利移転型の担保
     1 不動産の所有権移転型の担保
     2 動産の譲渡担保
     3 金銭債権の譲渡担保

    [VI] 保証・根保証
     1 保証契約の問題点
     2 保証制度の見直し案
     3 保証と担保の関係
     4 債権者の担保保存義務

著者・監修者プロフィール

岩城 謙二(いわき けんじ)

1927年東京に生まれる。1953年東京大学法学部卒業。ゼネラル石油(株)法務部長を経て、1982年 新潟大学法学部教授(民法・法社会学)。1989年~1998年東海大学法学部教授(民法・会社法)。現在 弁護士。 <主な著書>『債権回収の実務』(日経文庫)、『不動産登記の実務』(日経文庫)、『やさしい抵当権の知識』(商事法務研究会)、『やさしい根抵当権の知識』(商事法務研究会)、『担保保証の法律相談』(共著、有斐閣)、『目で見る民法教材』(共著、有斐閣)、『判例六法』(民法関係の編集協力、有斐閣)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading