結婚、出産、転勤、給料格差・・・・・・ 良品計画の社外取締役などを務めた著者が、何歳でも現場の最前線で活躍できる仕事術を伝授する!

ブレイクダウン・ザ・ウォール Break Down the Wall 環境、組織、年齢の壁を破る

定価:本体1,500円+税
発売日:2018年09月13日
ISBN:978-4-532-32226-7
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ファーストリテイリング 柳井正氏 推薦! !

ファッション・ビジネスの概念を日本にもちこみ、ハーバード・ビジネススクール・ウーマン・オブザイヤーを受賞。数々の社外取締役などを勤めた著者が、人生の中で直面する壁の乗り越え方を伝授する!

◎著者の提唱する「主体的なキャリア創り」とは、仕事で成功するだけではありません。人生の質を考えること、自己のアイデンティティを確立することも含まれます。不確実性の高い現代社会で働く人々は、偶然の出来事で人生が大きく変わりやすいです。本書では、就職、子育て、転勤、定年など人生の各ステージで直面する課題の解決策を提唱します。
多くのハードルを突破してきた著者だからこそ語れる、長い人生で目標を達成しながら働き続けるための仕事術を伝授します。

〈本書で登場する人〉
カルロス・ゴーン氏、南波智子氏、ヒラリー・クリントン氏、ルチアーノ・ベネトン氏……ほか

〈本書で紹介する実例〉
・ハーバードで学んだ「グローバル人材」の本質とは、自国に誇りを持ち、他国に敬意を示すことだった。グローバルに活躍するためには、言葉の壁を越えて、周りを巻き込んでいく力が必要だった。
・新幹線で通勤するなど、家庭とキャリアの両立には、企業の支援も欠かせなかった。「一億総活躍」を進めるためには、企業は働き方の多様性をもっと認めるべき。また、社員のほうも企業と交渉できるようにするためにも、必要不可欠な人材になるように専門性を身につけるなどの努力が必要。

◆著者は、2014年6月に立ち上げた「一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション」では、代表理事・会長として、ファッション関連産業の女性活躍支援に精力的に取り組んでいる。また、経済産業省のファッション政策懇談会の座長も務める。近著『Fashion Business創造する未来』が大きな反響を呼び、『誰がアパレルを殺すのか』(日経BP出版)にもユニクロの柳井氏と共に取り上げられた。

目次

  1. 第1章 未来は自分でつくるもの

    第2章 家庭か仕事、選ぶ時代は終わった――環境の壁

    第3章 時代の変化を捉え、チャンスをつかもう――組織の壁

    第4章 キャリアにゴールはない――年齢の壁

著者・監修者プロフィール

尾原 蓉子(おはら ようこ)

1962年、東京大学教養学部卒業後、旭化成入社。67年、フルブライト奨学生として米国FITに留学。68年の訳書でファッション・ビジネスの概念を日本に初めて紹介。旭化成に復職しファッション企画室長などを歴任。97年、ハーバード・ビジネス・スクール経営者向けコース修了。IFIビジネススクール学長、日本FIT会会長、ハリウッド大学院大学特任教授ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading