女性活躍推進が始動して5年、それでも輝けないのはなぜ? 男性管理職も知っておきたい生の声をルポ。

定価:本体850円+税
発売日:2018年08月10日
ISBN:978-4-532-26382-9
並製/新書判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

正社員の7割が、自分を"負け組"だと思っている??
なかなか思うように進まない日本の女性活躍推進。
その原因と処方箋を働く女性たちの声からあぶり出す、日経編集委員渾身のルポルタージュ。


「うちの女性課長、何とかしてください! 」――男性社員から起こる悲痛な声
「みんな残業しているのに、ママ友とカラオケ? ありえないです」――子アリ子ナシの溝
「夫がイクメンなら今頃私は管理職なのに・・・・・・」――一筋縄でいかない家庭とキャリアの両立
「同じ『働く母』とはいえ、実家が近いあの人とは違います」――ワーキングマザーの環境差
「今はパート主婦。活躍する元・同期と大きな差がついてしまった」――高学歴主婦の憂鬱
「女性活躍推進? 全く実感ありません。私とは別世界の話ですね」――非正規社員の本音

一体、何が彼女たちの行く手を阻んでいるのか? 「輝けない」40人の証言をもとに、職場の女性社員の力を最大限に引き出すための方法を考える。

目次

  1. プロローグ 女性活躍を実感できない女性たち         

    第1章 ガラスのハイヒール――女性管理職の憂鬱                 

    第2章 産んだ者勝ち?子育て優遇にうんざり

    第3章 事情はそれぞれ……孤立無援なワーキングマザー

    第4章 立ちはだかる「おっさん型社会」の壁        

    第5章 専業主婦、非正規……「開かない扉」の前で

    第6章 女性が変わる職場の条件

    終 章 女性活躍推進は魔法の杖ではない

著者・監修者プロフィール

石塚 由紀夫(いしづか ゆきお)

東京・編集局 経済解説部編集委員室 編集委員
1964年新潟県生まれ。早稲田大学卒。1988年日本経済新聞社入社。少子高齢化や女性のライフスタイル、企業の人事制度などを主に取材・執筆。2015年法政大学大学院MBA(経営学修士)取得、修士論文のテーマは女性管理職のキャリア意識とその形成要因。女性面編集長を経て現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading