顧客は売られたくない、買いたいのだ。多くの企業で販売戦略を策定した著者が優秀な営業に共通する思考法を豊富な具体例から紹介。

定価:本体750円+税
発売日:2018年08月03日
ISBN:978-4-532-19870-1
並製/A6判/248ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

一生懸命、売り込めば売り込むほど、売れなくなるのはなぜなのか。 理由はたった1つ。顧客は売られたくない、買いたいからだ! 売り込まず、買ってもらえる仕事を豊富な事例とともに学ぶ1冊。

「売れる」を実現する仕事のステップは、たった3つだけ。 商品の価値、顧客の特性、自分の強みを「知る」、顧客の期待を「超える」価値を考える、効率的にアプローチする方法を考えて「動く」。このサイクルを繰り返すのです。

本書は、多くのセールス担当者と仕事をしてきたマーケティングのプロが、MBAの知見・理論を活かして、顧客ネットワークの考え方と使い方、自らの弱みを強みに変える法、優良顧客の捉え方など「営業力」を上げるヒントを教えてくれます。

目次

  1. プロローグ 買ってほしいなら、売り込んではいけない

    第1章 ほとんどの顧客は、あなたの商品を必要としない

    第2章 ノンアルコールビールを飲んでいるのは誰?

    第3章 売り込まずに顧客を獲得する方法

    第4章 アジを釣りたいなら海へ行け

    第5章 「言われるまま」を捨て、「顧客目線」を持つ

著者・監修者プロフィール

理央 周(りおう めぐる)

関西学院大学経営戦略研究科准教授、マーケティング アイズ代表
本名、児玉洋典。1962年名古屋市生まれ。85年静岡大学人文学部卒、中央発條入社。90年フィリップモリスジャパン、96年インディアナ大学MBA(マーケティング専攻)、アマゾンジャパン、マスターカードなどのマーケティング・マネジャーを経て、2013年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading