仕訳や伝票処理、決算書作成より大事なこと――複数社を知る「フリーの経理部長」が教える、黒字会社と赤字会社を分ける経理の習慣。

伸びる会社の経理が大切にしたい50の習慣

定価:本体800円+税
発売日:2018年08月03日
ISBN:978-4-532-19869-5
並製/A6判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

不正を未然に防ぎ、収益を確保する――複数の会社を見てきた“流しのプロ経理人"だからわかった、良い会社が持っている「仕訳」や「決算書作成」の前に大事にしている経理の習慣。

2014年11月に刊行した『スーパー経理部長が実践する50の習慣』の文庫化。複数企業で経理部長(顧問)としての実務から経営参画まで携わる自称“流しの経理人(スーパー経理部長)"である著者が、不正を防ぎ、かつ利益成長に結びつける「経理担当者」に必要なものの見方・考え方を、自らの経験をもとに、実際のケースを盛り込みながらわかりやすく解説します。

経理は会社の中心で扇の要的な役割を担っているもので、経理を大事にする会社は不正などのトラブルの芽を未然に摘み、成長も遂げることができるという著者の信念を、自分の部下に語りかけるような優しい語り口で説いていきます。文庫化に当たっては、不正を防ぐとともに成長のために会社内の組織を横串でつないだ「よい循環」をつくる役割を持っている経理という側面を軸に全体を見直しました。東芝の不祥事など改めて企業の内部管理体制の問題が問われる今、経理社員や経営層はもとより、特にビジネス人になりたての若い人たちに読んでほしい一冊です。

目次

  1. Ⅰ 「経理は事務職」は遠い過去

    Ⅱ 日常の行動習慣が「デキる」をつくる

    Ⅲ 「デキる経理」の資質とモラル

    Ⅳ 「デキる経理」のコミュニケーション力

    Ⅴ 組織の規模・環境に応じた経理社員の仕事上のポイント

    Ⅵ 経理部門内での立場・役割と仕事の基本

    Ⅶ 経理以外の部署に何を中心に「経理」を伝えるか

    Ⅷ 「デキる経理」心得帳

著者・監修者プロフィール

前田 康二郎(まえだ こうじろう)

流創株式会社代表取締役
1973年生まれ。学習院大学経済学部卒。数社の民間企業で経理・IPO業務を中心とした管理業務、また海外での駐在業務を経て、2011年に独立。現在はフリーランスの経理として、経理業務や利益を生む組織改善の提案を中心に活動を行っている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading