神社と有力者の関係、神になった英雄。神社には知られざる歴史的逸話が眠っている。神社参拝、御朱印集めがもっと楽しくなる1冊!

30の神社からよむ日本史

定価:本体800円+税
発売日:2018年07月04日
ISBN:978-4-532-19865-7
並製/A6判/304ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

鳥居の向こう側に隠された、歴史の真実に迫る!

「パワースポット」として注目され、「御朱印ガール」なども登場するほどブームが過熱している神社。
神社は信仰の対象として日本人の生活に密着しているだけではありません。歴史上の著名な出来事の舞台となることが日常茶飯事であり、ときには戦場となることさえありました。

本能寺の変の前、明智光秀がその決断を神に求めたように、神社が歴史を動かした事例は多いです。
菅原道真や吉田松陰、乃木希典、東郷平八郎のように、歴史上の人物が神となる事例も少なくありません。

本書は30の神社を舞台に歴史を読み解くことで、日本史の裏側を浮かび上がらせるもの。
取り上げる神社は東北から九州、四国まで全国にまたがります。

目次

  1. 北海道
     北海道神宮

    東北
     出羽三山
     塩竈神社

    関東
     神田明神
     日枝神社
     明治神宮
     三囲稲荷
     乃木神社・東郷神社
     鶴岡八幡宮
     鹿島神宮
     日光東照宮

    中部
     浅間神社
     諏訪大社
     秋葉神社
     熱田神宮

    近畿
     伊勢神宮
     賀茂神社
     御霊神社
     愛宕神社
     平安神宮
     橿原神宮
     熊野三山
     湊川神社

    中国
     出雲大社
     厳島神社
     松陰神社

    四国
     金刀比羅宮

    九州
     大宰府天満宮
     宇佐神宮
     水天宮

著者・監修者プロフィール

安藤 優一郎(あんどう ゆういちろう)

歴史研究者(日本近世政治史・経済史専攻)
1965年千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学院文学研究科博士後期過程満期退学。文学博士(早稲田大学)。大学の生涯学習講座の講師のほか、JR東日本「おとなの休日」倶楽部のナビゲーターとして旅好きの中高年の人気を集め、NHKラジオ深夜便などでも活躍。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading