テクニカル指標は組み合わせて使うことで勝率アップが狙える!基本的考え方から投資スタイル別、銘柄規模別等の組み合わせ術を詳解!

テクニカル分析 最強の組み合わせ術 

定価:本体1,600円+税
発売日:2018年06月20日
ISBN:978-4-532-35759-7
並製/A5判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

これで「ダマシ」を回避!


テクニカル指標にはそれぞれ強みと弱みがあります。
あるひとつの指標に頼ったのでは、
売買判断にも限界が出てしまうのです。

だからこそ「組み合わせ」が重要です。

指標を組み合わせ、
弱点を補い合うことで「ダマシ」の回避につながります。

本書は、

●テクニカル分析の基本的考え方
●トレンド系指標・オシレーター系指標の強みと弱み
●局面・トレードスタイル・銘柄規模別の最適な組み合わせ術

……を豊富な事例とともに説明していきます。

□主力株の急騰時・急落時には「移動平均線×MACD」
□中期投資には「移動平均線×ストキャスティクス」
□新興市場銘柄には「ボリンジャーバンド×MACD」

……など、ぜひ本書を通じて、
ご自身の「最強の組み合わせ術」を発見してください。

目次

  1. 第1章 なぜテクニカル分析で成功確率が上がるのか

    第2章 成功確率が上がる!トレンド系指標の使い方

    第3章 成功確率が上がる!オシレーター系指標の使い方

    第4章 トレンド系とオシレーター系。2つの指標を組み合わせて使う効用

    第5章 トレンド系指標とオシレーター系指標を実際に組み合わせて検証

    第6章 トレードスタイルごとの最適な組み合わせ術

    第7章 大型株、中型株、小型株に最適な組み合わせ術

著者・監修者プロフィール

福永 博之(ふくなが ひろゆき)

国際テクニカルアナリスト連盟国際検定テクニカルアナリスト
株式会社インベストラスト代表取締役、日本テクニカルアナリスト協会副理事長、国際テクニカルアナリスト連盟国際検定テクニカルアナリスト勧角証券(現みずほ証券)を経て、DLJdirectSFG証券(現楽天証券)に入社。投資情報室長、経済研究所チーフストラテジストを経て独立。2007年11月、株式会社インベストラストを設立。現在は投資教育サイト「itrust アイトラスト」を主宰、総監修と講師を務める。テレビ東京「モーニングサテライト」、TokyoMX「東京マーケットワイド」、日経CNBC「日経CNBC 朝エクスプレス」など株式関連のテレビ番組のレギュラーコメンテーターとして活躍するほか、ラジオNIKKEI「ウイークエンド株!」「スマートトレーダーPLUS」でもレギュラーパーソナリティを務める。「四季報オンライン」や「ダイヤモンドZAI」など連載も多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading