神か悪魔か、世界をどう変えるのか――。2045年に向けて飛躍を遂げようとしているAIの光と影を日本経済新聞記者が徹底的に分析

定価:本体850円+税
発売日:2018年06月12日
ISBN:978-4-532-26378-2
並製/新書判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

社長は代替可能、空気を読まずに人事評価、脳の働きをすべて再現、AIを使いこなせない弁護士は失格――。自動運転やロボット、工場の生産など、いたるところで人工知能(AI)が活躍し始めています。2045年にはAIが人知を超えるシンギュラリティー(特異点)を迎えます。私たちはAIとどのように共存していけるかを考えなければならない時期に来ています。AIやロボットによって、人間の仕事の半分が代替される――。こんな予測を聞くと私たちは不安になります。本当にそうなのでしょうか。本書は、脅威を感じながらも、AIを受け入れ、AIに学び、共存への道を探ろうとしている人たちの姿を描きます。AIとの向き合い方から、人間の弱さや可能性の大きさが見えてきます。日経新聞の大型連載「AIと世界」を改題し書籍化。

目次

  1. 第1章 2045年を探して

    第2章 人類を超えた未来図

    第3章 見えざる変化

    第4章 未来が迫る選択

    第5章 見えてきた現実

    第6章 AIと向き合い世界を変える

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社 (にほんけいざいしんぶんしゃ )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading