自由市場は個人の利益と公益を分断する――格差拡大で生じる現代の諸問題への解決策を、人気経済学者がダーウィンの発想から提示。

ダーウィン・エコノミー
自由、競争、公益

定価:本体2,000円+税
発売日:2018年03月27日
ISBN:978-4-532-35769-6
並製/四六判/324ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

■昔のほうが、生活は豊かだった。社会の中間層には経済的活力があり、社会インフラはきちんとメンテナンスされていた。だが、その後何十年にもわたって経済成長率は大きく鈍り、中間層の時間当たり賃金は減少する一方で、CEOの賃金は10倍になった。富の格差は広がる一方だ。

■「経済学の父」とされるアダム・スミスは、自由な市場はすべての人にとっての最善を生み出すと考えた。だが、現実世界を見回すとスミスの「見えざる手」が機能していないように思える。むしろ、ダーウィンが観察したように、個々の動物の利益と、種としての大きな利益は深刻に対立している。

■このダーウィンの観察を、経済に応用したら、どんな世界が見えるだろうか。個人の利益と、社会全体の利益は、どうやってバランスさせればよいのだろうか。格差、教育、公共投資、貧困といった諸問題に対し、人気経済学者が解決策を提示する。

目次

  1. 第1章 麻痺状態

    第2章 ダーウィンの打ち込んだ楔(くさび)

    第3章 テーブルの上に現金はない

    第4章 「野獣を飢えさせろ」論――でもどの野獣を?

    第5章 「地位的消費の野獣」のダイエット

    第6章 加害者と被害者

    第7章 効率化のルール

    第8章 それはあなたのお金であり……

    第9章 成功と幸運

    第10章 すばらしいトレードオフ?

    第11章 有害な活動への課税

    第12章 リバタリアンの反論再考

著者・監修者プロフィール

フランク,ロバート・H(ふらんく ろばーと・H)

コーネル大学ジョンソンスクール教授
コーネル大学ジョンソンスクール H・J・ルイス記念経営学教授および同校経済学教授。1966年ジョージア工科大学卒(数学専攻)。71年カリフォルニア大学バークレー校修士課程修了(統計学)、72年同大よりPh.D.(経済学)取得。72年よりコーネル大学にて教鞭を執る。2005年からニューヨーク・タイムズ紙にコラムを執筆している。著書に『成功する人は偶然を味方にする』『幸せとお金の経済学』『日常の疑問を経済学で考える』などがある。ニューヨーク州イサカ在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

若林 茂樹(わかばやし しげき)

日本政策投資銀行勤務
一橋大学大学院修士課程修了。幼少期を米国で過ごす。国際金融、ストラクチャードファイナンス、都市開発業務等を経て、現在は海外へのインフラ輸出支援業務に従事。(株)日本政策投資銀行勤務。1970年東京生まれ。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading