東日本大震災がもたらしたのは、人口減少時代の復興という難問だ。空間経済学の第一人者が、人口減少時代の地域再生策を提言する。

復興の空間経済学
人口減少時代の地域再生

定価:本体3,600円+税
発売日:2018年02月19日
ISBN:978-4-532-13478-5
上製/A5判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

◆空間経済学を現実問題に初めて適用
本書は、最先端の経済学である空間経済学を、第一人者が東日本大震災からの復興という喫緊の課題の分析に応用する初めての試み。近代経済学による体系的復興分析は未だになされておらず、本書の試みは高く評価されると思われます。少子高齢化の進む中で個々の被災地が創造的に復興し、国全体が均衡的にさらに発展していくために、日本のすべての地域におけるイノベーションの活性化が鍵となります。この観点からも、イノベーション・モデルを中心とする空間経済学は、適切な分析の枠組みであるとともに、有効な政策提言を提示できます。
本書は、空間経済学に基づいて三陸地域沿海部に焦点を当てて分析を行い、復興の障害となる問題、復興政策の課題について考察します。

目次

  1. 第1章 人口と国土システムの長期的変遷

    第2章 空間経済学から見た国土システムの変容過程と復興政策のあり方

    第3章 写真とデータで見る東日本大震災からの復興の歩み

    第4章 被災地における人口減少と創造的復興

    第5章 自然資源に基づく復興

    第6章 サプライチェーンの強靱化

    第7章 地域コミュニティの再生

    補 論 人口減少社会のための空間経済学理論

著者・監修者プロフィール

藤田 昌久(ふじた まさひさ)

甲南大学教授、京都大学経済研究所特任教授
1966年京都大学工学部土木工学科卒業、72年ペンシルバニア大学大学院博士課程地域科学専攻修了、73年京都大学工学部土木工学科助教授、76年ペンシルバニア大学地域科学部助教授、81年ペンシルバニア大学地域科学部準教授、86年ペンシルバニア大学地域科学部教授、94年ペンシルバニア大学経済学部教授、95-2007年京都大学経済研究所教授、03-07年日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所所長、07-16年経済産業研究所所長

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

浜口 伸明(はまぐち のぶあき)

神戸大学経済経営研究所教授
1987年大阪外国語大学ポルトガル・ブラジル語学科卒業、同年アジア経済研究所開発研究部研究員、93年ペンシルバニア大学大学院地域科学研究科修士課程修了(M.A.)、95年ペンシルバニア大学大学院地域科学研究科博士課程修了(Ph.D.)2004年神戸大学経済経営研究所准教授、07年神戸大学経済経営研究所教授、12年神戸大学経済経営研究所所長

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

亀山 嘉大(かめやま よしひろ)

佐賀大学経済学部教授
1996年中央大学経済学部経済学科卒業、98年 京都大学大学院経済学研究科修士課程修了、2003年東京都立大学大学院都市科学研究科博士課程単位取得後退学、同年国際東アジア研究センター一般研究員、07年同センター上級研究員、10年香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授、13年佐賀大学経済学部准教授、15年より現職

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading