「突き出し」「お冷」は嫌、日本の高級旅館は物足りない――都市部に出現する新富裕層の消費傾向を、中国人女性起業家が紹介。

日本人は知らない中国セレブ消費

袁静
定価:本体850円+税
発売日:2018年02月12日
ISBN:978-4-532-26365-2
並製/新書判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

●中国人は「角部屋」が嫌い。  
風水的に縁起が悪いから、宿泊ホテルでも角部屋を避けたい。    

●中国人がときめくラーメンは、豚骨と味噌。
醤油ラーメンは貧乏くさい食べ物だと思ってしまう。          

●中国人にとって、おにぎりはただの「メシ団子」。 
旅館やホテルで供されると、心が萎えてしまいます。。               

●中国人といっても上海人・北京人・広東人は全く違う!
北京人には権力を、上海人にはセンスの良さを、広東人には美食をアピールすべし? 
・・・などなど、本邦初公開(?)のネタが満載の本書。 

著者は、上海生まれの起業家で、中国人富裕層向けに日本のトレンド情報や観光スポットを紹介する雑誌「行楽」の発行人です。 
上海・北京・東京の3都市を知り尽くした著者が、日本人にはわからない中国人の嗜好性・消費のツボを紹介します。      

インバウンド客を取り込みたい観光業・飲食業の方、あるいは、中国マーケットへの進出を考えるメーカーの方をはじめ、 
異文化論(読み物)としても楽しめる内容です。

目次

  1. プロローグ

    第1章 誰が「深度游」しているのか

    第2章 刺身ほど安心な食べ物はない

    第3章 なぜ自撮りが大好きなのか

    第4章 なぜ専業主婦が増えているのか

    第5章 上海人には餃子を出すな

著者・監修者プロフィール

袁 静(えん せい)

株式会社行楽ジャパン代表取締役社長
上海市生まれ。北京第二外国語大学卒業。上海青年旅行会社に勤務後、早稲田大学アジア太平洋研究科に留学。日経BP社に入社、日本で10年間を過ごす。2008年、北海道をテーマにした「道中人」を創刊。その後、九州をテーマにした「南国風」を創刊。13年、両誌を合冊して「行楽」を創刊。日本政府観光局やJETROでセミナー講師のほか、国土交通省「VISIT北海道大使」、鹿児島県「薩摩大使」もつとめている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。