轟木 一博(とどろき かずひろ)

1975年生まれ。98年東京大学法学部卒、同年運輸省(現国土交通省)入省。2004年米サンダーバード大学国際経営学修士(MBA)。在日米軍との調整を通した羽田空港発着容量の拡大や、ソマリア沖海賊対処のための自衛隊派遣法制定などに携わったほか、10年から航空局及び新関空会社で、経営統合スキームの立案・調整、会社設立・事業移管、経営計画策定・実施、コンセッション契約立案・事業者選定・引継ぎまで、関空伊丹経営統合及びコンセッションの全プロセスを総括。16年4月より株式会社経営共創基盤マネージャー。著書に『航空機は誰が飛ばしているのか』がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。