マーティン・フォード(まーてぃん・ふぉーど)

シリコンバレー起業家
シリコンバレーを拠点とするソフトウェア開発会社ファウンダー。25年以上にわたるコンピュータデザイン、ソフトウェア開発の経験を持つ。ロボット革命、人工知能、仕事の自動化、加速度的に進歩する情報技術が働き方、経済、社会全体にもたらす影響について独自の分析を展開し、注目を集める起業家。著書にThe Lights in the Tunnel : Automation, Accelerating Technology, and the Economy of the Future(邦訳『テクノロジーが雇用の75%を奪う』朝日新聞出版)がある。カリフォルニア州サニーヴェイル在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。