半藤 一利(はんどう かずとし)

1930年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋に入社。『週刊文春』『文藝春秋』編集長、専務取締役を経て作家に。『激石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、『ノモンハンの夏』で山本七平賞、『昭和史』で毎日出版文化賞特別貨を受賞。『日本のいちばん長い日』『聖断』『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『日露戦争史』(全3巻)など昭和史を中心とした近現代史の著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連商品

もっと見る

now loading