関 美和(せき みわ)

慶應義塾大学文学部・法学部卒業。電通、スミスバーニー勤務の後、ハーバード・ビジネススクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。現在は杏林大学外国語学部准教授。主な訳書に『お父さんが教える 13歳からの金融入門』、ピーター・ティール『ゼロ・トゥ・ワン』、クリス・アンダーソン『MAKERS』、リーアンダー・ケイニー『ジョナサン・アイブ』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。