黒木 亮(くろき りょう)

1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学大学院(中東研究科)修士。都市銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務し、国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス、航空機ファイナンス、貿易金融などを手がける。2000年、『トップ・レフト』でデビュー。
主な著書に『アジアの隼』『エネルギー』『法服の王国』『巨大投資銀行』『鉄のあけぼの』『赤い三日月』などがある。大学時代には箱根駅伝に2回出場、20kmで道路北海道記録を塗りかえた。ランナーとしての半生は自伝的小説『冬の喝采』に綴られている。英国在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連商品

もっと見る

now loading