内田 和成(うちだ かずなり)

早稲田大学大学院商学研究科教授。
1951年生まれ。東京大学工学部卒。慶應大学経営学修士(MBA)。日航を経て1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表を務める。さまざまな業界の大手企業を中心に戦略の策定・実行を支援するプロジェクトを数多く手がけ、2006年には「世界で最も有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。2006年より現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。