大垣 尚司(おおがき ひさし)

1959年京都市に生まれる。1982年東京大学法学部卒業。同年、日本興業銀行に入社。1985年米国コロンビア大学法学修士。金融商品開発部、ニューヨーク支店、ストラクチャード・ファイナンス部、興銀第一フィナンシャルテクノロジー取締役、アクサ生命保険専務執行役員、日本住宅ローン代表執行役社長などを経て、現在、立命館大学大学院法学研究科教授、博士(法学)、金融・法・税務研究センター長、一般社団法人移住・住みかえ支援機構代表理事、一般社団法人日本モーゲージバンカー協議会会長。 <主な著書>『ストラクチャード・ファイナンス入門』(日本経済新聞出版社、1997)、『金融アンバンドリング戦略』(同、2004)、『電子債権』(同、2005)、『金融と法』(有斐閣、2010)、『金融から学ぶ民事法入門』(勁草書房、2012)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。