植田 和弘(うえた かずひろ)

京都大学工学部卒、大阪大学大学院博士課程修了。工学博士、経済学博士。京都大学経済研究所助手、同大学経済学部助教授、教授を経て、1997年より同大学大学院経済学研究科教授。2002年より同地球環境学堂教授と両任。東アジア環境資源経済学会会長。持続可能な発展の環境経済政策や財政システムについて研究している。科学研究費特定領域研究「持続可能な発展の重層的環境ガバナンス」の領域研究代表者。 <おもな著書>『環境経済学』、『廃棄物とリサイクルの経済学』、『持続可能な発展』(共編著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。