梅田 みか(うめだ みか)

作家、脚本家。東京にて、作家・故梅田晴夫の長女として生まれる。慶應義塾大学文学部卒業後、書籍編集、ラジオ番組の構成作家などを経て執筆活動に入る。小説『書店員の恋』『海と真珠』『別れの十二か月』、エッセイ『愛人の掟』シリーズ、『恋トレ!』『主婦の掟』、連続ドラマ脚本「お水の花道」「美丘~君がいた日々」「ゴーストママ捜査線」など多くの話題作を手がける。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。