亀山 郁夫(かめやま いくお)

1949年栃木県生まれ。東京外国語大学学長。東京外大ロシア語学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。2002年『磔のロシア スターリンと芸術家たち』で大佛次郎賞受賞、07年新訳『カラマーゾフの兄弟』で毎日出版文化賞特別賞受賞。他の著書に、『甦るフレーブニコフ』『熱狂とユーフォリア』『ロシア・アヴァンギャルド』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『『カラマーゾフの兄弟』の続編を空想する』『終末と革命のロシア・ルネサンス』『「罪と罰」ノート』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。