大田 弘子(おおた ひろこ)

政策研究大学院大学副学長。1976年 一橋大学社会学部卒業。生命保険文化センター研究員、埼玉大学助教授等を経て、97年より政策研究大学院大学助教授、2001年同教授。2002年から内閣府に出向し、参事官、大臣官房参事官、政策統括官(経済財政分析担当)。2005年に大学復帰の後、2006年より安倍・福田両内閣で経済財政政策担当大臣を務める。2008年8月大学に復帰(現在に至る)。 <主な著書>『リスクの経済学』『良い増税 悪い増税』『経済財政諮問会議の戦い』(いずれも、東洋経済新報社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。