橋本 淳司(はしもと じゅんじ)

ジャーナリスト、日本水フォーラム節水リーダー。1967年群馬県館林市生まれ。1990年学習院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。以降、各地の水問題を取材し、水を主たるテーマに執筆活動を行う。また、国内の大学、高校、小中学校などで、水の大切さや、世界各地の水情報を伝える出前授業「水の授業」を行い、Think the Earth Project のソーシャル・アクション「Water Planet みずのがっこう」の副校長、独立行政法人国際協力機構の中国・節水型社会構築プロジェクトにおける普及啓発の専門家なども務める。 <主な著書>『おいしい水 きれいな水』(日本実業出版社)、『水問題の重要性に気づいていない日本人』(PHP研究所)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。